パソコンのスリープを活用しましょう

パソコンを使い終わったあと、みなさんはどうしておられるでしょうか。きちんと終了を選んで電源を落とされる方が多いと思いますが、パソコンには電源を切る以外にもスリープや休止状態といった方法があります。
今回注目したいのはこのスリープです。パソコンに電源を入れるとWindowsが立ち上がるまでに一分ほど、読み込みの遅いHDDではなくSSDに換装していても、起動には20秒弱ほどかかってしまうことが多いです。しかし、スリープであれば、最低限の電力をメモリに流して前回の状態をキープし続けているため、一瞬で立ち上がり作業を開始することができます。パソコンの使い勝手ということを考えると、できるだけこのスリープを使いたいところです。
気になる電気料金ですが、省エネが進んだ現在のパソコンではWindowsを終了した場合とスリープの場合では電気料金は1.5倍程度しか変わりません。ノートパソコンならば1ヶ月スリープで使い続けたとしても20円ほどの差額にしかならないわけです。Windowsの起動が遅いからと数万円するSSDを買うよりもスリープを駆使するほうが、はるかに速く経済的なのです。
ただし、スリープを使い続けていると次第にパソコンの動作が重くなることがあります。一月に一回くらいは再起動するなどしてリフレッシュすることをおすすめします。スリープ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ